デザイン講座

そのほか

ロゴなどの要素をデザイン・設定する

デザインテンプレートWEBフォントWEBアイコンを設定してもどうしても自社のロゴやLINEなどの日本に特化した特別なものは自作するしかありません。 LINEなどのWEBアイコンを作成する 自社のロゴなどかなり特殊なもので無ければ殆どの場合「...
そのほか

デザイン講座

ホームページの中身や設計や配色が決まったら見た目の設計です。 と言っても既に「レスポンシブWebデザインとテンプレート」でテンプレートを選んでいるのでそこに流し込むフォントや画像やアイコンの選定のみとなります。 ひと昔前なら全てデザインしな...
そのほか

テンプレートを選ぶ

「レスポンシブWebデザインとテンプレート」で既にデザインテンプレートを選んで企画をしてきましたがこの時はまだコンテンツの設計も終わっていない時です。 コンテンツの内容が定まった今デザインテンプレートを再考するタイミングです。 ☐最初に選ん...
そのほか

WordPress(CMS)で制作する場合

Wordpressは世界で最も使われているCMS(Contents Management System)です。 世界中で使われているので当然必要なプラグイン(機能追加するための仕組み)も豊富にあります。 プラグインを選ぶ テンプレート(テー...
そのほか

EC-CUBE(ネットショップ)で制作する場合

EC-CUBEは国内で最も使われているネットショップ用のエンジンです。 国内最大手なので当然必要なプラグイン(機能追加するための仕組み)も豊富にあります。 プラグインを選ぶ 基本的にはデザインテンプレートとSEO管理プレミアムのふたつがあれ...
そのほか

freoなどローカルなスクリプトで制作する場合

freoは国内で開発されたCMS(Contents Management System)です。 あまり知られていないローカルなCMSですが技術的にはSmartyやTinyMCEなど王道の技術を導入しているので安心して使う事が出来ます。 プラ...
そのほか

コンテンツの流し込み

コンテンツの流し込みをする前に選んだスクリプト(WordpressやEC-CUBEやfreoなど)を設定してデザインテンプレートを有効にしなければなりません。 それには現在アップされているhtmlファイルは邪魔になります。 一旦ローカルに保...
そのほか

写真(画像)や動画の設定

現在のホームページは画像や動画のインパクトが大切です。幾ら良いコンテンツを書いても見て貰えなければ意味がありません。 目を引く画像はフリー素材集やストックフォトを探すと見つかるかもしれません。 もしインパクトがある写真や動画が見つからない場...
そのほか

WEBフォントの設定

WEBフォントとはインターネット上からフォントのデータをダウンロードしてきてホームページ上に表示させるシステムのことです。 つまりWEBフォントを利用すれば閲覧者側の端末環境に依存せずに指定したフォントを確実にホームページ上に表示できるので...
そのほか

WEBアイコンの設定

現在ではWEBアイコンWEBフォント画像や動画を組み合わせてホームページを制作するのが一般的になりました。 つまりデザイナーがデザインする部分が大幅に減り制作コストを削減する方向へと転換したのです。 WEBアイコンの世界では「Font Aw...